幸栄館空手
HOME 2017年秋季昇段昇級審査試合
2017年秋季昇段昇級試合は国際オリンピック青少年センター第一体育館で開催されました。

今回は都内の大きな体育館での開催。あいにくの荒天でしたが、多くの会員が集まり、楽しく試合を行いました。


小中学生の審査試合。防具なしの身体触れによる試合と胴を付けた防具試合です。

中学生の防具付き試合のビデオです。
右クリックでメニューから再生を選んでください。
互いに正面に立って打ち合うのではなく、転身をよく使い、動きが多彩で、隙を見つけ素早く攻めようとしていることがよくわかります。 また、技を受けた方がしっかりと手を挙げて自己申告しています。
中学生による型「鎮東」の演武です。大勢の観衆の前で堂々と演武していました。
生嶋先生の型演武。古流五十四歩です。
大人の試合は女性の部、防具面なしの部、完全防具の部で行いました。防具がない場合は、「身体触れ」という方法で、掌で軽くタッチする方式です。 完全防具の試合は実際に打ち込みますが、相手の安全を考えながらの試合をしています。相手の安全を確保できる人でない限り、幸栄館空手の試合には参加できません。
最後におまけの写真。
前蹴りをかわしながら取り、そのまま倒して抑え込みに入る連続写真です。試合の中で連続写真で一連の動きを珍しく撮影できたので載せました。

2018 国際空手道学連盟 All rights reserved.